Read Article

東方神起ライブツアー2017~Begin Again~DVD発売決定!


>>発売中!!


東方神起復活後の圧巻のあるライブステージは必聴必視です!!

韓国語初心者が挫折しない勉強の仕方はこれ!

韓国語初心者が挫折しない勉強の仕方はこれ!

「韓国語を勉強したいけど何から手を付けたらいいのかわからない。」という初心者に、最短ルートで効率的かつ挫折しない韓国語の勉強の仕方をご紹介!
ポイントは無駄な勉強の仕方を省く、勉強の順番を知る、そして楽しみながら続けること。
途中で行き詰ると楽しくなくなり、挫折してしまいます。
楽しく効率的に韓国語をマスターしよう♪

スポンサーリンク

韓国語を勉強しようと思ったきっかけは何ですか?

안녕하세요(アンニョンハセヨ)~ノシ
한국 너무 좋아해!(ハングク ノムチョアヘ):韓国大好き!ゆかこです。

あなたが韓国語を勉強したいと思ったきっかけは何ですか?

  • 韓流ドラマを日本語字幕なしで視聴したい
  • 好きなK-POPアーティストがいて興味を持った
  • 韓流スターに韓国語でファンレターを書きたい
  • 好きな人が韓国人…韓国語で告白したい
  • 人も優しいし料理もおいしいし韓国文化が好き

などなど、いろんな理由があると思います。

ちなみに私は2番目の『好きなK-POPアーティストがいて興味を持った』がきっかけです。
東方神起が好きすぎて、彼らが話している韓国語を理解したり、韓国語でファンレターを書いたりしたい!と思って、韓国語を勉強し始めました♡

きっかけは人それぞれ、いろいろあると思いますが、「韓国語を勉強したい!」という気持ちは同じ!

「でも、何から手を付けていいのかわからない」という初心者の方や、「手は付けてみたものの結局挫折してしまった…」という方もいらっしゃると思います。

途中で挫折してしまう原因も人ぞれぞれいろいろあるかと思いますが「難しくてモチベーションが続かず、勉強したい意欲がなくなった」という方、多いんじゃないかなと思います。

韓国語に限らず、途中で壁にぶち当たると、挫折してしまって長続きできなくなるものです。

ならば、壁にぶち当たらないで、楽しい勉強を続ける事ができれば、韓国語をマスターできるハズ。

とゆーことで、独学で試行錯誤しながら遠回りに韓国語を勉強してきた私ゆかこが、「最初からこうやって勉強すればよかった」と思う、最短ルートで効率的に楽しく学び続けられる韓国語の勉強の仕方をご紹介します。


最短ルートで効率的な韓国語の勉強の仕方

まず、重要なのが韓国語を勉強する順番。

先にリスニングをやったらいいのか、ハングル文字の読み書きができるようになったらいいのか、韓国語の文法を勉強すればいいのかなどなど、迷うと思います。

初心者の方は、まずこの最初の段階で「ああ…何から手を付けていいのかわからない…。」と壁にぶち当たって、勉強する前から挫折してしまう…ということもあるかもしれません。

なので、まずは初心者の方におすすめの勉強の仕方の順番、名付けて「初心者が最短ルートで効率的に韓国語を身につけるための勉強の順番」をご紹介しましょう。

  1. ハングル文字の読み書き
  2. 簡単な韓国語のフレーズ・文法を覚える
  3. 韓流ドラマでリスニング
  4. 翻訳機を使って韓国語を書く

あくまで独学、一人でできる勉強の仕方に絞ってます。
韓国人の方と会話できる状況を作れるのなら、それに越したことはないですが、なかなか難しいと思うので、初心者の方は、まず!自分一人でできる勉強から挑戦してみましょう♪

スポンサーリンク

挫折しない韓国語の勉強の仕方

韓国語の勉強の仕方について、4つの順番をご紹介しました。
ここでは、その4つの勉強の仕方について、挫折しないで続けられるための具体的な勉強の仕方についてお伝えします。
ポイントは『難しいと感じない』、『楽しいと感じること』です。
いかに韓国語を難しいと感じずに、楽しんで勉強できるかに注目してまとめてみたので、参考にしてみて下さいね。

ハングル文字の読み書き

あなたは初めてハングル文字を見た時、どう思いましたか?
ハングル文字とはこういう文字ですね↓

안녕하세요?

私は初めて見た時「これ文字!?記号に見える!!Σ(゚Д゚)」と思いました。
韓国人のお友達のYちゃんにそういうと「よく言われる」だそう(笑)

ちなみに上のハングル文字は「アンンヨンハセヨ」と読みます。
「こんにちは」という挨拶の言葉ですね。

日本人からすれば、ハングル文字は一見記号のように見えてしまい「ああ…ハングル文字ってなんか難しそう…読める気がしない…」なんて思います。
もうハングル文字を見ただけで挫折しそうな…。

でも、複雑で難しそうなハングル文字ですが、実は日本語より簡単。
ハングル文字の仕組みはローマ字と同じなんです。

ローマ字は子音と母音の組み合わせですよね。
例えば『HA』は子音”H”と母音”A”の組み合わせで、「ハ」と読みます。

ハングル文字も一緒。
ハングル文字で「ハ」は『하』と表記するのですが、これは子音”ㅎ”と母音”ㅏ”の組み合わせなんです。

仕組みさえわかってしまうと「な~んだ、ハングル文字って簡単じゃん!」ってなります。
日本語は子音と母音の組み合わせではなく、全然法則性のない文字なので、日本語の方がハングル文字に比べて難しいんです。
韓国人のお友達Yちゃんも、日本語の読み書きには苦労したそうです。

ハングル文字の仕組みが分かったところで、どうやってハングル文字の読み書きの勉強を進めていけばいいかです。
ハングル文字には『反切表』という、日本語でいう「あいうえお表」のようなものが存在します。

しかし、当然ながら日本語でいう「あいうえお順」にはなっていないので、日本人の私たちが見てもちんぷんかんぷん…。
実際に反切表を見ただけで、挫折しそうになります。

なので、無理に反切表を使って勉強する必要はありません。

日本人の私たちにとって、覚えやすい方法で勉強すればいいのです。
ローマ字を勉強した時のことを思い出してください。

あなたはどうやって勉強しましたか?
たぶん、日本語の「あいうえお表」に照らし合わせて勉強したんじゃないかなと思います。

ハングル文字の仕組みはローマ字と同じ。
ならば、ローマ字と同じように、日本語の「あいうえお表」に照らし合わせて勉強すればいいのです。

私のブログではハングル文字を「あいうえお一覧表」にまとめてご紹介している記事があります。

ハングル文字の読み書きは、はっきりいってこれだけで十分。
これさえしっかり覚えれば、ハングル文字は読めるようになるし、書けるようになります。

覚えるのには、やっぱり最初はしっかり『書く』というのが大事かなと思います。
最初はちょっとめんどくさいですけど、ハングル文字の仕組みがわかっているので、だんだん読めるようになるスピードが上がってきます。

読めるようになると、韓国語の勉強が楽しくなりますよ~♪

ハングル文字の読み書きの勉強におすすめの韓国語本がこちら↓

ハングル文字を日本語の「あいうえお順」にまとめてある書き込み練習帳になっています。
ハングル文字の読み書きはこれ1冊で十分です。

まずは、ハングル文字の読み書きから勉強してみて下さいね♪

簡単な韓国語のフレーズ・文法を覚える

次に韓国語の文法を覚えることです。
韓国語の文法は、実は日本語と同じ。
主語が最初に来て、最後に述語が来ます。

英語だと主語の次に述語が来ますよね。
中国語も英語と同じで主語の次に述語が来ます。

でも日本語と韓国語は文の最後に述語が来る言語なので、日本人にとって韓国語はとても馴染みやすいんです。
韓国語が、日本人にとって勉強しやすい言語と言われる理由のひとつですね。

だからといって、最初にがっつり韓国語の文法を勉強するのは挫折する原因になりかねません。
いくら韓国語が日本語と似ていると言っても、やっぱり全く日本語と同じというわけではありません。

細かく勉強すればするほどドツボにハマり「んん!?」と訳が分からなくなるのが文法。

私は中学生の時に初めて国語の授業で「文法」が出てきたときに、国語の先生が「文法はみんな難しい、嫌いっていいますね。苦手な人が多いです。」と言っていたのを思い出します。

「文法ってそんなに難しいのか」となんとなく聞き流していたのですが、実際に授業が始まってみて納得。
普段何気なく、何不自由なく使っている日本語を文学的に分解すると、わけのわからないことわからないこと、この上なし。

助詞とか、助動詞とか、受動態とかね。
あとは、尊敬語、謙譲語とかもありましたね~。
普段そんなの意識して使ってないじゃないですか~。

母国語である日本語ですら、文法を勉強すると難しいと感じて挫折するんですよ?
そんなの韓国語の文法になったら、よけいに難しく感じて訳が分からなくなるに決まってるじゃないですか~。

ということで、文法が大切なのはわかるのですが、それ以上に大切なのは、無理くり文法を勉強して挫折してしまうこと。
挫折しないことが、韓国語マスターへの道なんです。

なので、最初はガッツリ文法は勉強しない方がおすすめ。

では何を勉強すればいいかですが、簡単な韓国語フレーズを覚えるです。
韓国語フレーズを勉強することで、バッチリではないにしても自然と韓国語の文法も身につくものです。

最初なので、長文ではなく、簡単な韓国語フレーズから勉強するのがおすすめ。
一言フレーズですね。
簡単な韓国語フレーズを勉強することで、文法と単語も自然と覚えられるようになります。

例えばこちらの韓国語↓

オルマエヨ
얼마예요?
いくらですか?

一言フレーズですね。
このフレーズを元に『이 펜은 얼마예요?(イ ペヌン オルマエヨ)』と言えば「このペンはいくらですか?」、『사과는 얼마예요?(サグワァヌン オルマエヨ)』と言えば「りんごはいくらですか?」という韓国語会話が作れます。

するとここで『펜(ペン):ペン』と『사과(サグワァ):りんご』という韓国語の単語も覚えますよね。
それと同時に、『은(ヌン)』と『는(ヌン)』は日本語で「~は」を意味する韓国語だということもわかります。

こうやって簡単な韓国語の一言フレーズを勉強していくのがおすすめです。
簡単なので、まず壁にぶち当たることもなく、挫折することがありません。

簡単な韓国語一言フレーズを勉強するのにおすすめなのがこちらの韓国語本↓

先ほどご紹介した『얼마예요?(オルマエヨ)』は、この『ゼロからスタート韓国語 会話編―だれにでも話せる基本フレーズ20とミニ会話36』から抜粋したフレーズです。

最初から完璧な韓国語を目指すのではなく、簡単でもいいから韓国語に触れる・慣れることが大切です。

韓流ドラマでリスニング

リスニングは難しいですよね。
韓国語は日本語と似ているとはいえ、発音は韓国語の方が難しいです。

というのも、日本語には母音の数が「あいうえお」の5つしかありませんが、韓国語には二重母音というものも存在するので、母音の数は全部で21個もあるんです。

さらに韓国語は、リエゾン(連音化)もします。
日本語には存在しませんが、韓国語には子音で終わる文字というのが多々あります。

子音で終わる文字の次に、母音が来るとどうなるか。
音がくっつくんですね。

英語の「I need you.」を例に挙げるとわかりやすいでしょうか。
一つ一つの単語の発音は「アイ ニード ユー」ですが、実際の会話ではそう発音しませんよね。
「アイ ニージュー」と発音します。
『need』と『you』の音がくっつくんです。

これをリエゾン(連音化)というのですが、韓国語もリエゾンすること多々あります。

日本人にとって、母音の多さとリエゾンはかなりの曲者。
韓国語のリスニングで挫折してしまう…なんてこともあるでしょう。

挫折しないポイントを思い出してください。
「楽しく勉強すること」です。
楽しいとは、あなたの好きなこと、興味のある方法・手段を使うことです。

あなたの好きな韓流ドラマや韓流スターが出演しているドラマを視聴するのもいいと思います。
ドラマはどんなシチュエーションで、どんなセリフを、どんな言い方で話しているのが見られるという点でも、おすすめです。

がしかし、所詮はドラマ。
韓国語勉強のためのものではなく、あくまで娯楽のための作品です。

そこでおすすめなのが、韓国語の勉強に特化したドラマを見ながら学べるこちらの韓国語教材↓
>>3分ドラマで覚える!!らくらく韓国語

あなたの好きな韓流スターやK-POPスターが出演しているわけではありませんが、韓国語をマスターするために制作されたドラマなので、効率的な韓国語のリスニング教材としては、最高の教材です。

目で見て耳で聴いて、韓国語が勉強できるおすすめの韓国語教材です。

翻訳機を使って韓国語を書く

ここまでくると、ガッツリ韓国語の文法を勉強しているわけではないけれど、なんとなく韓国語の文法や仕組みが身についているハズ。

試しに、Google 翻訳機で何か日本語を韓国語に翻訳してみて下さい。
おかしな翻訳がわかると思います。

そこを修正して、正しい韓国語にしてみる。

これでも十分韓国語の勉強になりますが、せっかく勉強した韓国語、実際に使ってみてはいかがでしょうか。

例えば、好きな韓流スターやK-POPアーティストのインスタやツイッター、フェイスブックなどのSNSに韓国語でコメントしてみたり、好きな人が韓国人という方は、彼or彼女のSNSに韓国語でコメントしたり、メールを送ってみるのもいいですね。

ハングル文字の入力の仕方については、パソコンはこちらの記事を↓

iPhoneはこちらの記事を↓

参考にしてみて下さい。

また、SNSではなく、ファンレターや手紙を書いてみるのもあり。
手紙の書き方についてはこちらの記事を参考にしてみて下さいね↓

ここまで韓国語が使いこなせるようになってくると、楽しくなると思いますよ♪

韓国語の勉強の仕方まとめ

初心者におすすめな韓国語の勉強の仕方について、最短ルートで効率的に勉強する順番と挫折しない具体的な方法をお伝えしましたが、いかがでしたか?

韓国語をマスターするポイントは『最初から完璧を目指さず、楽しみながら勉強すること』。
いきなり完璧に韓国語が身につくように目指すより、いかに挫折しないように続けていくかが重要です。

というか、言葉は日々変わるものなので、完璧ってないんですよね。
それに、日常生活で頻出する言葉も限られている。

まずは頻出フレーズ、単語を勉強しながら、韓国語の仕組み・文法を勉強するのがいいですね。
難しいと思ったところは飛ばして、違う簡単なフレーズを覚えるでもOK。
むしろ、難しいところにこだわって勉強が進まない方が、時間がもったいなくて効率が悪いと思います。

せっかく自ら韓国語を勉強したいと思ったのだから、ぜひ楽しみながら韓国語を勉強したいもの。
今回は私がおすすめする韓国語の勉強の仕方をご紹介しましたが、勉強をすすめるうちに、きっとあなたに合った勉強の仕方が見つかると思いますよ♪

파이팅!(パイティン!)
(๑•̀∀- )و

こちらの記事もチェックしてみてね。
>>韓国語のじゃんけんの掛け声を覚えよう
>>韓国語『ファイティン』の意味は”頑張れ”であってる?
>>韓国語で『私の名前は○○です』はなんてユノ?
>>韓国語の笑い文字【(笑)やwwwなど】が知りたい!
>>韓国語のリスニングにぴったりな韓流ドラマを見つける方法!
>>これだけ覚えれば十分!韓国旅行に役立つ韓国語会話例文集
>>韓国語で送りたい!誕生日メッセージ例文集
>>日常会話で最低限必須の韓国語の単語をまとめてみた
>>韓国語で『笑顔が素敵』はなんてゆーの?
>>韓国語会話に便利でおすすめな無料アプリをご紹介!

URL :
TRACKBACK URL :

코멘트를 남겨주세요【コメントを残す】

*
*
* (公開されません)

Return Top