Read Article

東方神起のワンピース主題歌『Share The World』は歌詞がいい!

東方神起のワンピース主題歌『Share The World』は歌詞がいい!

『Share The World』は、ワンピースの主題歌としては歴代1位の売上を誇る東方神起の代表作!
ワンピースのテーマである「夢への冒険・仲間たちとの友情」をイメージした歌詞で溢れています。
がしかし、『Share The World』がリリースされた2009年といえば、東方神起の分裂騒動真っ只中だったのです。

スポンサーリンク

『Share The World』の歌詞はまさにワンピースのテーマ!

トンペンの皆様ご存知かと思われます東方神起が歌うワンピースの主題歌!!
イイネ!!元気が出るネ!!

私も東方神起メンバーと同じくワンピースのペンでもあるのですが、単行本で読んでいるものの、残念ながらアニメでは観たことがないので、リアルタイムでワンピースの主題歌になっているところを観たことがないです。
ラブソングでもなく、ダンスナンバーでもなく、少年漫画らしい夢にあふれた元気いっぱいの曲!!

まさにワンピースの主題歌にぴったり♪

ワンピースは、「夢への冒険・仲間たちとの友情」がテーマになっていますが、『Share The World』の歌詞にも「夢への冒険・仲間たちとの友情」をイメージするような歌詞がたくさん込められています。

「あの大空に届くまで 何度でも僕は行くんだ
今こそ超えていこう I believe 一つの世界へ」
という歌詞には「夢への冒険」が、
「いつだって 信じあって 伝え合って」
という歌詞には「仲間たちとの友情」が伝わってきますね。

ところが、この『Share The World』がリリースされたのは、2009年3月。
この4ヶ月後の2009年7月には、ジェジュン様、ユチョン様、ジュンス様が所属事務所のSMエンターテインメントを訴えるという行動に出ます。

東方神起の分裂騒動が表面化する直前でのリリースであり、リリース時にはすでにメンバー間でも不穏な空気が漂っていたことが予想されます。

当時のユノ様とチャンミン様はいったいどんな思いで『Share The World』のレコーディングに臨んで歌っていたんだろうと思うと、ワンピースのテーマがテーマだけに胸がチクチクして心が痛むのです…。

東方神起とワンピースのテーマ「夢への冒険・仲間たちとの友情」

東方神起は2004年1月に韓国でデビューし、その後台湾、中国、そして日本デビューを果たし、海外進出を成功させました。
2004年韓国デビュー当時のメンバーの年齢は、ユノ様、ジェジュン様が18歳、ユチョン様、ジュンス様が17歳、チャンミン様が16歳になる直前の15歳!!!
たった5人の若すぎる少年たちが、母国韓国のみならず、台湾や中国、日本と海外進出するのは大変な苦労があったことは間違いない。

しかも韓国と言えば、日本より受験戦争が厳しい国。
大学合格のため、受験勉強の合間を縫って、東方神起としてグループ活動を行っていた努力家たち。

2004年に韓国で発売された写真集『The 2nd Story Book”The Way U are”』では、韓国語だけでなく、中国語や日本語でメッセージを書いてくれているメンバーがいます。
この写真集で英語でメッセージを書いていたユチョン様は、ご家族が当時アメリカに住んでおられました。
なかなか家族に会えなくて、寂しい思いもしたそう。

ユチョン様だけでなく、それは他のメンバーも同じです。
DVDや雑誌のインタビューで、家族に会えない寂しさを語っていました。

それでも頑張って東方神起としての活動を続けていけるのは、メンバーがいたから。
これもメンバー全員がそう答えています。

そうやってメンバー5人で苦楽を共にしてきたからこそ、頑張ってこられた。
日本では5人の夢であった東京ドームでライブコンサートを行うことができた。

東方神起のこれまでの軌跡は、ワンピースのテーマである「夢への冒険・仲間たちとの友情」だったのです。

『Share The World』は、そんな東方神起の軌跡、ワンピースのテーマを歌詞にしたアップテンポなメロディで希望に満ち溢れた素晴らしい曲。
ワンピースの主題歌に決まったとき、ユノ様とチャンミン様はどんな気持ちだったのかな…。

スポンサーリンク

東方神起の『Share The World』を歌うならDAMがおすすめ

なんだかしんみりしちゃいましたが、気を取り直してワンピースっぽく明るくいきましょう!
『Share The World』は、歌詞もメロディも明るく元気で希望に満ちた曲!
なので、カラオケで歌うにはもってこいの超おすすめの曲です。
実際、『Share The World』は『東方神起のカラオケ人気曲ランキング』で1位なのです☆

そこで、私がおすすめしたいのが、『Share The World』を歌うなら断然『LIVE DAM』です。
『LIVE DAM』では、『Share The World』がトンの映像付きで歌えるのですが、

  • PV
  • The Secret Code – FINAL in TOKYO DOME

の2バージョン入ってます。

さっすがDAM様!!
もうカラオケは『LIVE DAM』以外使えないのです。

必ずカラオケで『Share The World』は歌うのですが、毎回ライブバージョンを選んでます。
だって、間奏の時のユノ様のダンスがかっこいいんだもの♡
それにライブだと迫力あるので、ライブを楽しんでるみたいになれるから♪
歌うの自分なんですケドね。

東方神起の『Share The World/ウィーアー!』のシングル情報

カラオケで1番人気の東方神起の曲の『Share The World』。
もちろん、シングルCD化されているのですが、なんと!ワンピースの主題歌である『ウィーアー!』の東方神起バージョンも収録されているのです!
どちらもワンピースのオープニング曲♪
シングルCDにはDVD付きとCDのみ、また初回生産限定盤と通常盤で、収録曲や特典に違いがあるので、詳しくまとめてみました。

Share The World/ウィーアー!

sharetheworldcddvdCD + DVD 盤

sharetheworldcdCD 盤

s_sharetheworldbigeBigeast 盤

Bigeast盤以外には【初回生産限定盤】と【通常盤】あり。

発売日:2009/03/11
価格:[ CD + DVD ] 1890円 [ CD ] 1050円 [ Bigeast ] 735円
特典:
《 初回限定盤 》
[ CD + DVD ]
・ジャケットサイズカード封入(6種から1枚ランダム)
・DVDにオフショットムービー収録
[ CD ]
・ジャケットサイズカード封入(6種から1枚ランダム)
・12Pブックレット仕様
《 Bigeast盤 》
・ジャケットサイズカード封入(6種から1枚ランダム)
・ピクチャーレーベル仕様
※ピクチャーレーベル仕様… CD の盤面に画像がプリントされたもの
収録曲:
[CD]( CD+DVD盤:全3曲5ヴァージョン CD盤:全3曲6ヴァージョン Bigeast盤:全2曲4ヴァージョン)

  1. Share The World
  2. ウィーアー!
  3. 明日は来るから -Bonus Track-
  4. Share The World -Save A Remix- ( CD 盤 のみ収録 )
  5. Share The World – Less Vocal-
  6. ウィーアー! ‐Less Vocal‐

[DVD]

  1. Share The World ‐Video Clip‐
  2. Off Shot Movie (初回限定盤のみ収録)

売上順位:
4月21日付けのオリコンデイリーランキングで1位、5月4日付オリコン週間ランキングでも1位を獲得、週間1位通算獲得数を6作に伸ばした。
台湾のG-Music風雲榜チャート(4月24日 – 5月7日連続2週)総合で週間4位(インターナショナルで週間1位)。
「Share The World」が4月15日付けの有線リクエストチャート(J-POP)で1位を獲得。
2009年のオリコン年間ランキングでは30位にランクイン、アニメ部門で年間1位を獲得した。
テレビアニメ『ONE PIECE』の主題歌としては歴代1位の売上を記録している。

東方神起の動画好きなあなたにはHULUもおすすめ♪

東方神起『Share The World』はワンピースの代表主題歌

『Share The World』は、ワンピースの数ある主題歌の中で歴代1位の売上を誇る大人気曲!
アップテンポで軽快なメロディと、ワンピースのテーマである「夢への冒険・仲間たちとの友情」が含まれた歌詞で、カラオケで歌えば仲間と盛り上がること間違いなし!

『Share The World』は東方神起のアルバムにも収録されていますけど、東方神起&ワンピースの両方のファンには、断然シングルがおすすめ。

『Share The World』だけでなく、『ウィーアー!』と『明日は来るから』の東方神起が歌うワンピース主題歌3曲が、これ一つで全てゲット出来ます。
同時収録されている『ウィーアーT!!』は東方神起と私達トンペンの合言葉でもありますね♪

ワンピースは東方神起も大好きなアニメです。
きっとワンピースの「夢への冒険・仲間たちとの友情」というテーマが、東方神起自身にもつながる部分があったのでしょう。
『Share The World』がリリースされたころは、東方神起は分裂騒動の真っ只中でした。

結局、分裂は回避できず、メンバーは東方神起とJYJと別々の道を歩むことになってしまいました。

ここからは私の思いなので、すっとばしていただいて構いません。
私は、今の東方神起のユノ様、チャンミン様を応援しているトンペンです。
でも、JYJのメンバーを憎んだり、恨んだりしていません。

東方神起が5人だった頃のDVDを見ていると、ユノ様、チャンミン様、本当に楽しそうで幸せそうなんだもん…。
JYJを憎んだり、恨んだりすることで、ユノ様、チャンミン様の過去を否定しちゃうんじゃないかって気がしたので。

同じトンペンなのに、
「JYJを悪く思っていない人とはからみたくない。」
って、言われた時には悲しかったなぁ。

私のブログは、今の東方神起、ユノ様、チャンミン様を応援するブログですけど、5人時代の東方神起ネタもたくさん扱っていますので、JYJファンの方にも楽しんでいただけたら嬉しく思います。

東方神起とJYJに捧げます。

「あの大空に届くまで 何度でも僕は行くんだ
今こそ超えていこう I believe 一つの世界へ」

『Share The World』の歌詞より。

こちらの記事もチェックしてみてね。
>>東方神起5人時代のアルバム一覧と収録曲を全紹介!
>>東方神起妄想小説って何?どんな小説があるの?
>>東方神起メンバーの名前のハングル文字が知りたい!
>>東方神起メンバーは不仲なの?JYJと密会しているって本当?
>>東方神起メンバーのイメージカラーってあるの?
>>東方神起ファンクラブ会報誌の魅力と全バックナンバー一挙解説!
>>東方神起チャンミンが号泣!!授賞式で見せた涙の理由とは?
>>東方神起の音域はどれくらい広い?
>>東方神起の紅白出場曲(2008,2009,2011年)
>>東方神起メンバーの生い立ち、壮絶な過去を持ったメンバーも

URL :
TRACKBACK URL :

코멘트를 남겨주세요【コメントを残す】

*
*
* (公開されません)

Return Top