Read Article

東方神起『Begin』の歌詞の意味は?

東方神起『Begin』の歌詞の意味は?

東方神起5人時代にリリースされた『Begin』は、綺麗なメロディーに5人の美しいハーモニーが特徴のバラード曲。
コンサートでJYJが歌ったことでも話題になりました。
気になる『Begin』の歌詞の意味をご紹介!
また『Begin』のタイトルに込められた意味やMV撮影時のエピソード、シングル情報についてもお伝えするよ♪

スポンサーリンク

『Begin』は東方神起5人時代にリリースされたバラード曲

東方神起メンバーが5人だった2006年に日本でリリースされた6枚目のシングル『Begin』。

東方神起の動画好きなあなたにはHULUもおすすめ♪


綺麗なメロディーに、メンバー5人の美しいハーモニーが映える素敵な素敵なバラード曲ですね♪
TXドラマ『ごめん、愛してる』エンディング・テーマソングにもなりました。

メンバー全員若くて初々しい!!
(≧∀≦)
日本デビューして1年くらいだもんね。
今から10年以上前にリリースされた曲、撮影されたMVか…。
(*´ー`*)シミジミ…

東方神起の『Begin』歌詞の意味と解釈が知りたい!

メロディーも東方神起メンバーのハーモニーもメンバーの姿も衣装も全てが綺麗で美しい『Begin』ですが、歌詞も綺麗なのかな?

タイトル名は『Begin』で、日本語訳すると「始まる」という意味があるので、歌詞にも”何かの始まり”という意味が込められているハズ。
これを踏まえて、『Begin』の歌詞のフレーズに注目してみましょ!

「僕は好きだよ」という歌詞のフレーズから、恋愛系の歌詞ですね。
特に歌詞の「ねえ無理はしないで」や「小さな君の手を握りしめるから」というフレーズから、”彼女を優しく包み込む彼の温かい包容力”が伝わってきます。
また、「今君と僕はBegin」、「今二人だけでBegin」というタイトル名にもなっている「Begin」が歌詞のフレーズに出てきて、「二人の運命を重ねよう」という歌詞から、「これから彼女と一緒に運命を共にしていこう」という彼の意思が表現されているな~と解釈できるかな?
>>『Begin』の全歌詞はこちらのサイトをどうぞ

まとめると、『Begin』の歌詞には「これから先どんな困難があっても僕がそばにいるよ」という意味があるんじゃないかな…。
うお!?歌詞もめっちゃ綺麗な歌詞じゃん!?Σ(゚Д゚)

…というのが、ワタクシゆかこの解釈なのですがあなたはどんな解釈をもちましたか?
意味や解釈は人それぞれなので、あなたなりの意味や解釈をしてみてくださいね♪

東方神起メンバーが語った『Begin』の歌詞の印象

『Begin』リリース時の雑誌のインタビューで、『Begin』について当時の東方神起メンバーは「メロディーが綺麗で美しい曲」と語っていました。
ユノ様は「『Begin』の歌詞全体から希望を感じる」と語っていて、ユノ様の言う通り『Begin』の歌詞は、決して後ろ向きじゃなくて、これから未来に向かって進んでいくという前向きな素敵な歌詞だな~と思います。

綺麗でもあるんだけど切なくも聴こえるので、歌詞の意味を意識しないで聴くと失恋ソングにも聴こえそうだけど、歌詞全体をイメージしながら聴くと、”希望”を感じる温かいバラード曲。
さっすがユノ様!東方神起のリーダー!

また、「歌詞で自分が今まで体験したエピソードに重なる部分についてあった?」とインタビューで聞かれた時に、チャンミン様は「こういう経験をしてみたい」と語っていましたが、ユノ様は「初恋の思い出に似ている」と語っていました。

何ー!?ユノ様の初恋!?
ユノ様の初恋のお相手というと、高校の時の先生!!

「歌うときは初恋を思い出しながら歌った。」とも言ってたユノ様。
『Begin』のMVのユノ様は高校の時の先生を思い出しながら歌ってたのかな…。
ユノ様の初恋を奪うなんて羨ましすぎるぅ!!

『Begin』MV撮影で東方神起メンバーが語ったエピソード

雑誌のインタビューで、『Begin』の歌詞から”白”をイメージしたと語っていたユノ様。
ユノ様のイメージ通り、『Begin』のMVは白がメインに使われた清潔感、爽やか感のある綺麗なMVに仕上がっています。

撮影場所は茨城県のつくば。
ジュンス様は初めての女性との共演で恥ずかしかったんだとかwww
純粋なジュンス様、かわいすぎる♡

撮影はメンバーひとりひとり行われ、一番最後だったのがチャンミン様だったそう。
チャンミン様のMV撮影が終わったのが、なんと午前4時!

チャンミン様の大変そうな姿を見てまっててあげたジェジュン様は、自分で「僕はホントに優しいです。」と語っていました。
で、待っててくれたジェジュン様に対してチャンミン様は「その時だけ、優しい人だと思いました。」と一枚上手なコメント(笑)

さすが最強チャンミン様ですwww
(*´艸`*)

スポンサーリンク

東方神起のシングルCD『Begin』の情報

『Begin』は、東方神起が2枚目に日本でリリースしたアルバム『Five in the Black』とベストアルバム『BEST SELECTION 2010』、コンプリートアルバム『COMPLETE –SINGLE A-SIDE COLLECTION-』、『COMPLETE SET Limited Box』に収録されています。
詳しくはこちらの記事をどうぞ↓

アルバムについては別記事でご酒お買いしているので、ここでは『Begin』のシングルについてご紹介しますね。
DVD付きのものとCDのみのもの、初回生産限定盤と通常盤で、収録曲や仕様、特典が違っていたりするので、ご購入を検討の方はぜひぜひ参考にしてみてくださいませ☆
あ、ちなみに『Begin』リリースの頃にはまだファンクラブ会員限定のBigeast盤は存在しないです。

begincddvd CD + DVD 盤

begincd CD 盤

発売日:2006/06/21
価格:[ CD + DVD ] 1800円 [ CD ] 1000円
収録内容:
[CD]( CD+DVD盤:全2曲4ヴァージョン CD盤:全2曲5ヴァージョン )

  1. Begin
  2. High time
  3. Begin – アカペラver. – ( CD 盤 のみ収録 )
  4. Begin – Less Vocal –
  5. High time – Less Vocal –

[DVD]

  1. Begin – Video Clip –
  2. Interview

売上順位:オリコンデイリー7位、ウィークリー最高15位。

東方神起のシングルCD『Begin』の魅力

前作『Rising Sun』とは一変、今度は恋愛をテーマにした歌詞の美しいバラードです。
東方神起はダンスパフォーマンスだけでなく、アカペラやハーモニーといった声で勝負することもできますから、すごいグループです!

どんな曲も完ぺきにこなせる実力を持っている東方神起メンバー。
実力は持っているケド、「5人の声だけで勝負するバラードは緊張する。」とチャンミン様とユノ様が雑誌インタビューで答えています。
「大丈夫♪とっても綺麗なハーモニーで、聴いていて癒されるよ♪」って、メンバーに伝えてあげたいな♡

『Begin』の歌詞には恋愛をテーマにした意味が込められています。
バラード曲なので、「メインはジェジュン様とジュンス様がメインかな?」と思っていたのですが、MVは”ジェジュン様がメイン”に見えました。

ジェジュンペン様ウハウハ♡
ジュンスペン様ちょっと物足りないかも?

カップリング曲の『High time』は、こりゃまた『Begin』とはうってかわって、アップテンポな曲!
ユノ様も「アップテンポなので、みんな気持ちがHighになりました!」と語っていましたよ♪
でもユノ様以外のチャンミン様、ジェジュン様、ジュンス様はリズムや日本語歌詞の発音が難しくて、苦労したそうなwww

東方神起とJYJの『Begin』

メロディーも歌詞も綺麗で美しい東方神起の『Begin』。
記事の冒頭で、タイトル名の『Begin』を日本語訳すると「始まる」という意味になるとお伝えしましたが、英語には『Begin』以外にも「始まる」という意味の単語がありますね。
はい、『Start』ですね。

『Begin』も『Start』もどちらも「始まる」という意味がありますが、厳密にいうと違いがあります。
『Start』には「止まっている状態から動き出す」という意味がありますが、『Begin』には「最初の一歩を踏み出す」という意味があります。
こうして比べてみると、『Begin』の方が歌詞の意味・解釈に合っていて、よりドラマチックになりますね♪

さてさて、『Begin』の歌詞の中で共感できる部分として、当時の東方神起メンバーユチョン様とジュンス様は「頭の部分」、ジェジュン様は「サビの部分」がいいと語っていました。
「頭の部分」というと「泣きたいときは泣けばいいから~涙枯れたら笑顔がひらく」、「サビの部分」というと「Every day and night with you ~ Begin」の部分かな。

2014年に行われたJYJのコンサート『2014 JYJ JAPAN DOME TOUR ~一期一会~』で、『Begin』が歌われたそうです。
この公演前の記者会見でジュンス様は『Begin』の選曲理由について「曲のメッセージが、僕たちがファンに伝えたかったメッセージを一番上手く代弁する曲なので選んだ。思い出もたくさんある曲だ。」と語っていました。

ジェジュン様、ユチョン様、ジュンス様はJYJというグループで『Begin』、ユノ様とチャンミン様は東方神起として『Begin』。
元々は同じメンバーだった5人だけれど、今は2人と3人が別々の道を踏み出し歩んでいる。
『Begin』のメロディーのように…歌詞のように…あの時の5人のハーモニーのように…。
綺麗で美しい運命を歩んで欲しいな…。

ユノ様とチャンミン様を応援する東方神起ファンであるゆかこだけど、JYJのメンバーに対してもそう願わずにはいられないゆかこでした。

こちらの記事もチェックしてみてね。
>>東方神起の韓国と日本でのデビュー日と曲、メンバーの年齢
>>東方神起『Duet』歌詞の本当の意味とは?
>>ジェジュン作詞作曲、東方神起の『忘れないで』歌詞の意味
>>東方神起2ndアルバム収録曲『約束』の歌詞・CD情報
>>東方神起のアカペラが聴けるCDと楽曲一覧
>>東方神起メンバーの生い立ち、壮絶な過去を持ったメンバーも
>>東方神起ユノ過去2回うつ病を発症していた
>>東方神起ユノの彼女は少女時代ユナ!?噂の発端と真実を検証
>>東方神起の母親的存在だったジェジュン、当時の性格は?
>>東方神起ユンホ兵役イベントでJYJジェジュンと6年ぶりの共演

URL :
TRACKBACK URL :

코멘트를 남겨주세요【コメントを残す】

*
*
* (公開されません)

Return Top