Read Article

東方神起日産スタジアムDVD12月19日発売決定!


>>予約はこちら!


み…水も滴るいい男が2人も!!
( ꒪.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨꒪)ブッ!!
ああ!ゆかこったら、また粗相!!
(*ノωノ)
今年のクリスマスは水に濡れたユノ様とチャンミン様と一緒に過ごすのだ♡
ハァハァ(*´Д`)ハァハァ
↑おわまりさーん!!変態がいるー!!

東方神起Mステ初出演は倖田來未とコラボ!きっかけは?

東方神起Mステ初出演は倖田來未とコラボ!きっかけは?

東方神起がMステに初出演したのは2007年11月22日。
単独出演ではなく『LAST ANGEL feat.東方神起』という曲で倖田來未とコラボ出演しました。
しかしいざ出演してみると倖田來未のバックダンサー扱いでファンはがっかり。
東方神起本人はどう思っていたのか、東方神起と倖田來未がコラボしたきっかけなどお伝えします。

スポンサーリンク

東方神起と倖田來未がコラボ『LAST ANGEL feat.東方神起』

2007年11月7日、東方神起と倖田來未ちゃんとのコラボ楽曲がリリースされました。
タイトルは『LAST ANGEL feat.東方神起』で、こんな楽曲です↓

この頃はメンバー5人だったね。
てか、メンバーみんな若っ!!
2007年11月だから、ユノ様とジェジュン様、ユチョン様が21歳で、ジュンス様が20歳、チャンミン様が19歳!?Σ(゚Д゚)
ぎゃあああああ!!!
若いぃっ!!!

どーりでみんな可愛いわけだ♡
(*´∀`*)

『LAST ANGEL feat.東方神起』が東方神起にとって初のコラボ作でした。

東方神起と倖田來未がコラボしたきっかけは?

そもそもなぜ東方神起と倖田來未ちゃんがコラボしたのかというと、2006年と2007年の歌イベントで共演したことがきっかけ。
2006年に韓国で開催された『第3回アジア・ソング・フェスティバル』、2007年に日本で開催された『a-nation』で、東方神起と倖田來未ちゃんが共演し、意気投合。

うたばん出演した時に、中居くんからコラボのきっかけを聞かれた倖田來未ちゃんは「パフォーマンスを見たときに物凄いかっこよかったんで、1回出来たらいいね~って言ってたらできたんですよ。」と語っていました。

うたばん出演時の東方神起の様子はこちらの記事をどうぞ↓

このコラボがきっかけで、東方神起はうたばんにも初出演を果たしましたね~。

Mステ初出演の東方神起は倖田來未のバックダンサー扱い

倖田來未ちゃんとコラボした楽曲『LAST ANGEL feat.東方神起』を引っ提げて、2007年11月22日東方神起がMステに初出演を果たしました!
なかなかMステに出演を果たせなかった東方神起がようやくMステに出演するということで、当時のトンペン様達は期待大!!
とっても楽しみにしてました。

…がしかし、終わってみるとファンは怒り心頭。
それもそのハズ、Mステオープニング恒例の出演アーティストが階段から降りてくるシーンに東方神起の姿はなく、トークもなし、楽曲披露の時にようやく出てきてそれで終わり。
詳しくはこちらの記事をどうぞ↓

韓国トップアーティスト、そして日本でも既に人気アーティストの確立をしていた東方神起に対して、あまりにも失礼な内容。
そりゃファンも怒って当然。

東方神起ファンではない方からは「東方神起のスケジュールが忙しすぎて、Mステ側が仕方なかったんじゃないの?」という意見もあったようですが、そうではなかったことが東方神起自身が語った言葉からわかるのです。

スポンサーリンク

東方神起はMステ初出演をどう思っていた?

2011年1月28日、東方神起はユノ様とチャンミン様の2人でカムバックした時に引っ提げた楽曲『Why~Keep your head down~』で、Mステに出演しました。
この時、東方神起はMステ初出演の少女時代と共演。
チャンミン様は後輩少女時代に対してこんなことを言っていました。
「東方神起はデビューして4年で、このミュージックステーションに出演することができたんですけれど、少女時代の皆さんはデビューしてすぐミュージックステーションに出演することができて、ちょっと羨ましかったです。」

東方神起が日本デビューしたのは2005年。
デビューしてから4年後というと、2009年。
2009年3月6日に東方神起はMステに出演したのですが、この時初めて単独出演したのです。

チャンミン様のトーク内容から、倖田來未ちゃんとコラボした2007年11月22日に出演したMステは、出演回数にカウントされていないことがわかりますね。
Mステと言えば、日本で活動する歌手が憧れる音楽番組。
その番組に出演できることが決まった東方神起は、嬉しかったハズ。
初出演のMステをカウントしていないのだから、東方神起にとっても屈辱だったんじゃないかな。

それに日本の栄誉ある音楽番組に出演が決まったとなると、事務所もスケジュール調整するでしょう。
もろもろの状況から判断すると、Mステが意図的に仕組んだんじゃなかろうかと思われても仕方がないのでは?と思うのですが、あなたはどう思いますか。

東方神起が語ったMステ倖田來未とのコラボ出演

2011年9月16日、東方神起は再びMステで倖田來未ちゃんと共演を果たしました。

トークでタモリさんから「2人は初登場の時は覚えていますか?」と聞かれた東方神起。

ユノ様は
「覚えてますね。倖田來未さんとコラボレーションのおかげで初出演したんですけど、やっぱり生放送だし本当に緊張したんですが、倖田さんがアドバイスくれたり、いろんなことに優しく話しかけてくれたんで、すぐ楽になりました。」
と答えていました。

それを聞いた倖田來未ちゃんは嬉しそうに「ほんま?優しかった?」と聞くと、ユノ様が「ほんま。」と返し、倖田來未ちゃんは「よかった♪」と和やかムード(笑)
ユノ様の関西弁かぁいかった♡
(*´艸`*)

倖田來未ちゃんは東方神起とコラボで出演したMステ当時を振り返って
「すごい若かったんですよ。もちろん私もですけど(笑)
当時、ユノ20歳くらいで、19、チャンミンは10代で、もう若くてちょっとなんかもうプチプチしたフルーツみたいな♡
でもほんとに、やっぱ韓国の男性っていうのは日本の男性よりもすごいジェントルマンやから、すごい一緒にいてあったかい気持ちになりましたよ。
ちょっと恋しそうに、やっぱなりますよね(笑)
ホントに素敵な当時から男性で。もう昔は男の子って感じでしたけど、今や”男性”って感じで。」
と答えてました。

いや~、それにしても東方神起を目の当たりにして、よく恋しないでいてくれたな倖田來未ちゃん。
倖田來未ちゃんにとって東方神起はホントにかわいい後輩で、東方神起にとっては頼りになる姉さんなんだろうなwww
素敵な関係♪

この時の共演はコラボではなく、単独出演だったので、東方神起もトークに加わったし、楽曲も披露しましたよ♪

キレッキレのダンスでめっちゃかっこよかった!!
(≧∀≦)

そいえばこの楽曲で、森三中の黒沢かずこちゃんが東方神起に落ちたんだよな。
わかるぅ~♡

東方神起バージョンのLAST ANGELがある?

倖田來未ちゃんとのコラボ曲『LAST ANGEL feat.東方神起』ですが、倖田來未ちゃんが歌っていない東方神起だけの”東方神起バージョン”が存在します。
『LAST ANGEL -TOHOSHINKI ver.-』はアルバム『T』に収録されてるよ♪

この東方神起バージョンの『LAST ANGEL』はTOHOSHINKI 3rd LIVE TOUR 2008 ~T~でも披露されました。

倖田來未は東方神起にきっかけをくれた素敵な先輩

東方神起と倖田來未ちゃんのコラボやMステ初出演など、エピソードをご紹介しましたが楽しんでいただけましたでしょうか?^^
倖田來未ちゃんとのコラボ『LAST ANGEL feat.東方神起』がきっかけで長らくMステ出演できなかった壁を突破した東方神起。
東方神起のMステ初出演は最低な扱いだったけど、きっかけをくれた倖田來未ちゃんに罪はない。

それどころか東方神起のうたばん初出演も、倖田來未ちゃんとのコラボ『LAST ANGEL feat.東方神起』がきっかけでした。
倖田來未ちゃんは後輩東方神起にきっかけを作ってくれた頼れる姉御。

ゆかこ、倖田來未ちゃんのキャラがあまりに強すぎてちょっと苦手だったけど、東方神起の実力ではどうしようもない壁を取っ払うきっかけを作ってくれた人物だと知って、今ではリスペクトしてます。

これからも東方神起と倖田來未ちゃん、いい先輩後輩関係でいて欲しいな♪
ま、倖田來未ちゃん結婚してるから安心だしね♡
(*´ー`*)

こちらの記事もチェックしてみてね。
>>東方神起本人映像が多いカラオケ機種と歌いやすい曲は?
>>東方神起の弟分グループSHINee・EXO・NCTをご紹介!
>>a-nation2017東方神起の出演は!?過去出演DVD情報
>>東方神起5人王様のブランチ出演!ジェジュンにサプライズも♪
>>東方神起(5人・ジェジュン単独・2人)のいいとも出演特集!
>>東方神起アルバムジャケットの暗号とベストでないシナリオ
>>東方神起『B.U.T』日本語歌詞の意味が知りたい!
>>エイベックス?東方神起の日本の所属事務所はどこなのか
>>東方神起がゴスペラーズのアカペラ”永遠に”を熱唱!共演も
>>東方神起『With All My Heart~君が踊る夏~』の歌詞

URL :
TRACKBACK URL :

코멘트를 남겨주세요【コメントを残す】

*
*
* (公開されません)

Return Top