Read Article

『MAXIMUM』は東方神起5人時代に発表する楽曲だった?

『MAXIMUM』は東方神起5人時代に発表する楽曲だった?

ユノとチャンミンが『MAXIMUM』のダンス練習をしている動画。
でも『MAXIMUM』の歌声が5人!?
それもそのハズ、『MAXIMUM』は5人時代にリリースする予定だった東方神起の韓国5集アルバムのタイトル曲だったのです。
でもご存知の通り、5集のタイトルは『Why』。
実は『Why』、当初ユノのソロ曲だったって知ってた?

スポンサーリンク

東方神起『MAXIMUM』のダンス練習、歌声が5人!?

あなたは東方神起の『MAXIMUM』という曲はご存知ですか?
東方神起がユノとチャンミンの2人で再始動してから初めてリリースされたアルバムに収録されているかっこいいダンスナンバーです。

この『MAXIMUM』のダンスを練習しているユノ様とチャンミン様、そしてダンサーさん達。

しかし、このダンス練習風景が、東方神起ファンの間で話題になっているようです。
何が話題になっているのかというと、ダンス練習で使われている音源の『MAXIMUM』。
よ~く聴いてみると、なんと!
ジェジュン様の歌声が!?Σ(゚Д゚)
あれ!?ユチョン様の歌声も!?Σ(゚Д゚)
さらにジュンス様の歌声まで!?Σ(゚Д゚)

これって一体どういうこと!?w|;゚ロ゚|w ヌォオオオ

『MAXIMUM』は東方神起5人時代にリリースする予定だった

5人の歌声が入っているということは…。
そうなんです。お察しのとおり『MAXIMUM』はジェジュン様、ユチョン様、ジュンス様が離脱する前に出来上がっていて、東方神起5人時代にリリースする予定だった楽曲なのです。
ダンス練習動画の『MAXIMUM』から、もうレコーディングまで終わっている状況だったのがわかります。

とゆーことは、東方神起分裂騒動が泥沼化する2009年7月前に、『MAXIMUM』のレコーディングが終わっていたのかな?

しかも『MAXIMUM』、当初2010年初めに東方神起5人でリリースを予定されていた韓国アルバム5集のタイトル曲に内定していた曲なのです。

Why?は離脱した3人へのメッセージ?

しかし、2010年に東方神起はアルバムをリリースするどころか、無期限の活動休止状態に陥ります。
でも、その苦難を乗り越え、2011年ユノ様とチャンミン様は2人で東方神起としてカムバックしてくれました。
カムバックで引っ提げてきた楽曲がこちら↓

『Why?(Keep Your Head Down)』ですね♪
メンバーが5人から2人に減ったからといって、クオリティーが落ちただなんて思わせるどころか、今まで以上に実力を上げて戻ってきてくれて、元々のファンを喜ばせてくれて、新しいファンを獲得することに成功した再始動後の東方神起を代表する名曲です。

でも『Why?(Keep Your Head Down)』をリリースした当初、「離脱した3人に対するメッセージじゃないのか。」と話題になったことがありました。
歌詞に「何故 俺から簡単に去った」や「何故 俺の心は引き裂かれた」、「世界がなんと言っても同じ夢を見られて幸せだった」などなど、他にも”東方神起分裂騒動”をイメージさせるような意味のオンパレードなのです。
タイトルの『Keep Your Head Down』も日本語訳すると「頭を下げろ」という意味があります。

しかし、ユノ様はこれを完全否定。
2011年1月23日放送の韓国のバラエティ番組『膝討ち導師』に出演した際、こう語っていました。

カン・ホドンさん:
“Keep Your Head Down”の意味は?
彼らへのメッセージ?

番組始まって早々、単刀直入な質問に一瞬動揺(?)するユノ様とチャンミン様(笑)

カン・ホドンさん:
正確な意味は?

ユノ様&チャンミン様:
“頭を伏せろ”

カン・ホドンさん:
彼らへのメッセージと言われたでしょ?

ユノ様:
ディス曲(人をディスる曲)ではないかとも言われたけど、本当にそんな意図はなかった。

カン・ホドンさん:
それは違うと?

ユノ様:
はい。今までの東方神起の曲もそうです。
『トライアングル』という曲の歌詞は”壊れた胸に 血の涙が流れ”なので、今これを歌えばディス曲だと言われます。
そんな意図があったら、逆に出したりしません。

ユノ様がそういうんだから、ゆかこは信じるよ♡
それに、ユノ様の完全否定を裏付けるエピソードがあるのです。

Why?(Keep Your Head Down)はユノのソロ曲だった?

当初は東方神起の韓国アルバム5集のタイトル曲として『MAXIMUM』が内定していたにも関わらず、リリースされた5集のタイトル曲は『Why?(Keep Your Head Down)』。
しかもタイトルと歌詞は、元メンバー3人に対するメッセージのようなディス曲。
『MAXIMUM』より、ディス曲ととらえられかねない楽曲にした方がインパクトがあるんじゃないかと、新たに制作された楽曲だと思ってました。

でも、違うんです。
実は『Why?(Keep Your Head Down)』も『MAXIMUM』と同様、2010年に予定されていた5集アルバムの収録曲だったのです。
しかも、『Why?(Keep Your Head Down)』は当初、ユノ様のソロ曲として内定していた楽曲なのです。

ところが2009年、東方神起はメンバー5人のうち3人が離脱。これにより、東方神起は音楽的な路線変更が避けられないと判断され、大部分の編曲と修正を経た後、ユノ様とチャンミン様2人の東方神起の曲として生まれ変わり、5集のタイトル曲に決定するに至りました。

なので、『Why?(Keep Your Head Down)』も東方神起メンバー5人時代の頃には既に存在していた楽曲なんです。

スポンサーリンク

東方神起韓国アルバム5集はディスアルバム疑惑

東方神起の韓国アルバム5集にはリパッケージ版というものがあります。
このリパッケージ版のアルバムのリード曲は『Why?(Keep Your Head Down)』ではありません。
『MAXIMUM』…でもなくて、『이것만은 알고가(Before U Go)』、日本語訳すると『これだけはわかって欲しい』です。

『Before U Go』のMVですが、このMVも元メンバージェジュン様、ユチョン様、ジュンス様に対するメッセージ?と捉えられかねない内容なんです。
それがこちら↓

ドラマ仕立てになっているんですけど、韓国語なので詳しくはわからないという方も多いと思うので、簡単に解説しますね。
主人公の男性は、ユノ様とチャンミン様の職場の仲間なんですけど、彼は仲間であるユノ様とチャンミン様を裏切り、ユノ様を傷つけます。

チャンミン様は「何故!!何故!!裏切った!?」と男性に対し、怒りを露わにします。
実は男性、妹を人質に取られていて、脅迫されていたんです。
しかし結末は妹を救えず、ハッピーエンドとはならないMV。

“仲間の裏切り”、”仲間を傷つける”など、東方神起分裂騒動のキーワードを連想させるシーンが盛り込まれているんですね。
ユノ様は『Why?(Keep Your Head Down)』をディス曲ではないと言ったから、『Before U Go』もディス曲ではないハズ。
だからゆかこも信じる。

でも、ディス曲どうこうより、見ていてただただ…切なくなるMVでした。
東方神起5集アルバムは5種類あるんですけど、詳しくはこちらの記事でご紹介しているので、ご覧くださいませ☆

『MAXIMUM』

東方神起がユノ様とチャンミン様の2人で再始動してからリリースされた楽曲にもかかわらず、「東方神起5人の歌声が聴こえる!」と話題になった『MAXIMUM』。
この5人の歌声でダンス練習するユノ様とチャンミン様ということでも話題に上がりました。
「2人はどういう気持ちで5人の『MAXIMUM』を聴きながら練習していたんだろう…。」
と思うと心が痛くなりますね。
だって、決して「楽しい!」や「幸せ!」という気持ちなはずはないですから…。

当初は5人でリリースするはずだった『MAXIMUM』ですが、ユノ様とチャンミン様は2人でも完成度最高!MAX!!な『MAXIMUM』を見せてくれました。

アレンジ(?)バージョン『MAXIMUM』

ユノ様、チャンミン様かっこいいー!!
(≧∀≦)ノシ

ちなみに『MAXIMUM』で印象的な「オルッス!!」という掛け声。
韓国人のお友達に聴いたところ、昔、古い時代の韓国語の掛け声なんだそう。
日本でいうと歌舞伎の「いよっ!」みたいなイメージ?

これからもユノ様とチャンミン様のホミン東方神起を全力で応援していくであります!!
∠(≧д≦)ビシッ!!

こちらの記事もチェックしてみてね。
>>2人東方神起(ユノとチャンミン)の人気曲が知りたい!
>>東方神起メンバーは不仲なの?JYJと密会しているって本当?
>>東方神起の紅白出場曲(2008,2009,2011年)
>>実はすごい?東方神起チャンミンの英語力
>>東方神起がゴスペラーズのアカペラ”永遠に”を熱唱!共演も
>>東方神起の韓国版全アルバムの収録曲をご紹介!
>>強い?弱い?東方神起ユノのお酒にまつわるエピソード
>>東方神起チャンミンソロ曲『upon this rock』
>>東方神起ユノのソロ『繋がれた舟』切ないバラードに酔いしれる
>>タイ撮影の東方神起写真集『HELIOPHILIA!』に日本版

URL :
TRACKBACK URL :

코멘트를 남겨주세요【コメントを残す】

*
*
* (公開されません)

Return Top