Read Article

dtvは月額いくら?いいところは?メリットデメリットは?

dtvは月額いくら?いいところは?メリットデメリットは?

dtvとは動画配信サービスのこと。
HULUやU-NEXTといったいろんな動画配信サービスがあるけれど、dtvに特化した情報をまとめてみました。
dtvは月額いくらなの?
dtvならではのいいところ、特徴が知りたい!
メリット・デメリットは?
などなど、あなたの知りたい情報をお届けするよ。
お得に決済するマル秘?情報もありです。

スポンサーリンク

dtvとは?

dTVとはNTTドコモが提供している動画配信サービスのこと。
2015年4月21日までは『dビデオ powered by BeeTV』という名称でした。

NTTドコモが提供しているサービスであることからもお分かりのとおり、元々はドコモユーザーを対象にした動画配信サービスでしたが、2014年4月1日以降、ドコモユーザーに限らず誰でも契約することが可能になりました。

2013年には会員数450万人を突破し、定額制動画配信サービスとしては国内最大規模の会員数を誇っています。

dtvは月額いくら?

まずは気になる月額金額ですが、なんとワンコイン500円(税抜き)!
動画配信サービスでこの月額金額は破格です。
他の動画配信サービスと比較しても、Hulu月額933円(税抜き)、U-NEXT月額1990円(税抜き)なので、半額以下。
お財布に優しい動画配信サービスなのです♪
>>dtvの詳細はこちら

dtvの特徴

国内、海外のドラマや映画、アニメなどを視聴することができます。
…というのは、ほぼどんな動画配信サービスでも一緒。

では、dtvならではの特徴は何なのかな?
ってことで、挙げてみたのがこちら↓

  • 旧作が充実している
  • BeeTVがある
  • カラオケ音源が聴ける
  • ミュージックビデオが豊富
  • 韓流・華流が豊富
  • ミュージカル・舞台・落語もある
  • 有料動画がある
  • 動画をダウンロードできる
  • 登録できるデバイス数は5台まで
  • 同時再生が不可

旧作が充実している

いつでもリアルタイムで配信できる動画配信のメリットを活かして、いち早く新作を配信し、充実させている動画配信サービスが多いのですが、dtvは逆。
新作より旧作の方が充実しています。
最新の映画やアニメより、古い映画やアニメを見たいという方にとっては嬉しいですね♪

とにかくコンテンツが豊富

dtvは『12万作品が見放題』と謳っているのですが、その秘密はBeeTVがあったり、カラオケ音源が聴けたり、ミュージックビデオが見られたりなど、音楽系dtvオリジナルコンテンツが豊富で充実しているから。

とくに音楽関係のオリジナルコンテンツが豊富なのですが、それもそのはず、NTTドコモとの合併で設立したエイベックス通信放送株式会社が加わっているのです。
そう、エイベックスという会社名からもお分かりのとおり、あの音楽事業の大手であるエイベックス・グループの企業です。

また音楽系コンテンツだけじゃなく、FOXチャンネルもあるし、ミュージカルや舞台などの演劇が観られたり、韓流・華流のドラマやバラエティが見られたりと、あらゆるジャンルを網羅しています。
>>dtvのコンテンツをチェックしてみる

また、韓流ファンにとっては『韓流スター/K-POPスター出演作』とコンテンツを分けてくれているので、とっても便利で嬉しい♡

東方神起ファンのゆかこは、ついつい東方神起出演作を見てしまいますwww
東方神起ユノ様が出演した『夜警日誌』とか『あなたを注文します』とか『野王』とかチャンミン様が出演した『パラダイス牧場』とか、ああ!見たいものがありすぎて時間が足りない!!

有料動画がある

dtvは、基本月額500円の定額制なのですが、一部月額とは別に料金が発生するレンタル動画というものがあります。
レンタル動画の料金は動画によって異なり、100円~。
だいたい、300円~400円が多いかな?
なので、全て500円で見放題!というわけではないので注意が必要。

ちなみにこのレンタル動画はdtv会員でなくても見ることができます。

動画をダウンロードできる

dtvのすばらしい特徴がこれ!
全ての動画がダウンロードできちゃうのです。

HULUではダウンロードできないし、U-NEXTでも一部の動画のみしかダウンロードできません。
なので、ネットにつなげていなくてもオフラインで視聴ができるのです。

dtv視聴の制限

動画を視聴するために使用できるデバイスの登録が5台までという制限があります。
ここで注意なのが、同じ端末でも違うブラウザだと複数としてカウントされるところ。
例えば、同じパソコンでも『Googlechrome』と『InternetExplorer』で視聴する場合には、”2台”としてカウントされます。

さらに、同時再生が不可ということもあり、家族で視聴するために契約したとしても、親や兄弟、子供が視聴している間は、あなたは視聴することができません。
家族が個別で利用したいという場合には向かないので注意が必要です。

スポンサーリンク

dtvの決済方法とお得なクレジットカード

dtvの決済方法はクレジットカードのみです。
クレジットカード払いするなら、ポイントがたまりやすいクレジットカードの方がいいですよね。
dtvを継続利用するのであれば、500円の何パーセントかは毎月継続的にポイント還元されるということ。
たかが月額500円といえども、ちりも積もれば…ですよね。

そこでゆかこがおすすめするのが楽天カード




おすすめする理由は次の3つ。

  • 年会費永年無料
  • ポイント還元率が1%と高い
  • 楽天市場利用で有効利用が可能

何か特別な事情で作らない限り、普段使いのクレジットカードに求める一番の条件として年会費が永年無料だと思います。
楽天カードは永年無料なので、持っていると便利♪

そして、還元率ですが、楽天の場合だと1%。
「え?たった1%?」と思われるかもしれませんが、クレジットカードの一般的な還元率は0.5%なので、1%だと2倍の還元率なのです。
楽天のクレジットカードは実は高還元率なカードなのですよ☆

『楽天カード』でたまったポイントは、楽天市場やトラベルといった楽天グループの利用で使えます。
また、楽天市場の利用でポイント4倍、楽天トラベルの利用でポイント2倍といったように、還元率がより高くなります。
楽天グループは市場規模も多く、利用しやすいし、サービスも充実しているので、楽天カードを持っておくとお得ですよ♪
ゆかこももちろん持ってます。

しかも入会するだけで、高額ポイントがもらえるのが嬉しい♡
(*´艸`*)
申込はこちらへ



dtvはこんな人におすすめ!

dtvのサービスや特徴を踏まえて、「こんな方におすすめだよ!」というポイントをまとめてみました。

  • コスパ重視の方
  • 新作より旧作重視の方
  • いろんなコンテンツを楽しみたい方
  • BeeTVが見たい方
  • いつでもどこでも動画を視聴したい方
  • 音楽系コンテンツを楽しみたい方
  • K-POPファンの方
  • 単身世帯の方

「とにかく安く済ませたい!価格を抑えたい!」という方には、dtvを超おすすめ!
500円(税抜き)で、あらゆるコンテンツ、豊富なコンテンツが楽しめるので、コストパフォーマンスは最高にいいです。

動画のダウンロードが可能なので、いつでもどこでも動画を楽しめるというのは嬉しいですよね♪

音楽系コンテンツ、韓流コンテンツが充実していることから、K-POPファンにとっては魅力的なサービスでもあります。
東方神起ファンのゆかこの場合だと、東方神起のミュージックビデオを見たり、ライブ楽曲を見たり、カラオケ音源をダウンロードしたり、東方神起メンバーが出演したドラマを視聴したりできるので、dtv最高、リスペクトです♡
(*´∀`*)

また、同時再生できない、デバイス数に制限があるといったdtvのデメリットも、単身世帯の方にとっては、デメリットにあらず。
PCとスマホの2台で視聴できれば十分です。
…って、ゆかこスマホ持ってないケドwww

「興味はあるけど不安…。」という方でも、31日間は無料でお試しできるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか^^
>>dtvを試してみる

dtvのいいところ

同時再生できない、デバイス数に制限がある、別途料金が発生する動画があるというデメリットを上回るコスパの良さが魅力的!
初めてdtvを知ったときに「コンテンツいっぱいあるし、月額いくら?」と思っていたら、まさかのワンコイン500円でびっくりしました。
お昼ごはん1食抜けば、1か月動画が見放題じゃん!Σ(゚Д゚)
まあ、お昼抜かないですけどwww

動画配信サービスにエイベックス・グループの企業が関わっているということから、音楽系コンテンツが充実しているのがdtvの強みでもありますね。
好きなアーティストがいるという方は、それだけでも嬉しい♪
特に、ゆかこみたいに東方神起大好きなK-POPファンにとっては、たまらんです♡
(*゚∀゚)=3 ムッハー!!

こんだけコンテンツが充実していてコスパがいいのに、無料お試し期間が31日もあるというのも、dtvのいいところ
それだけ自信があるっていうことかdtvサン…。

無料お試し期間中だけの利用にとどめて、31日間ガンガン集中的に動画を見まくる!というのもありなので、ちょうど夏休み期間中の今、お試し視聴するチャンスですよ♪^^
>>ってことでdtvを試してみる

URL :
TRACKBACK URL :

코멘트를 남겨주세요【コメントを残す】

*
*
* (公開されません)

Return Top