Read Article

東方神起ライブツアー2017~Begin Again~DVD発売決定!


>>発売中!!


東方神起復活後の圧巻のあるライブステージは必聴必視です!!

東方神起の韓国の代表曲といえばこれ!

東方神起の韓国の代表曲といえばこれ!

東方神起は韓国出身。なので、韓国でもたくさんの楽曲をリリースしています。
数ある東方神起の楽曲の中で、韓国の代表曲と言えば一体どの曲かな?
とゆーことで、東方神起が韓国でリリースしたアルバムやライブツアーのタイトルなどを考慮して、東方神起の韓国の代表曲を選んでみました。
動画でご紹介しているのでお楽しみに☆

スポンサーリンク

毎日聴くのは東方神起の韓国語歌詞の曲

トンペンの皆様、안녕하세요(アンニョンハセヨ)♪
東方神起の楽曲を毎日聴いているゆかこです。

東方神起は最初中国進出を目的として結成されたグループのため、韓国語歌詞と日本語歌詞だけでなく、中国語歌詞でも曲をリリースしていたけれど、日本進出に路線変更して以降は、韓国語歌詞と日本語歌詞で曲をリリースしています。

ゆかこは毎日東方神起の曲を聴いているけれど、ほっとんど日本語歌詞の曲は聴いていなくて、韓国語歌詞の曲ばかり聴いています。

今回の記事は、普段ひたすら東方神起の韓国語歌詞の曲ばかりを聴いているゆかこがご紹介する『東方神起の韓国の代表曲』!

東方神起が2003年12月26日に韓国でデビューして早10年以上…。

韓国でリリースした楽曲もたくさんありすぎて、「東方神起好きだけど、韓国の曲はあまり知らない」というトンペン様や「とりあえず東方神起の韓国の代表曲が知りたい!」というトンペン様もいらっしゃることでしょう。

そんなあなたに、ゆかこが東方神起の韓国の代表曲をご紹介します!

間違いなく東方神起の韓国の代表曲と言えるのが『Rising Sun』


東方神起の動画好きなあなたにはdTVもおすすめ♪

東方神起の数ある楽曲の中から代表曲と言える楽曲をいくつかピックアップし、さらにその代表曲の中でもぶっちぎりで代表曲と言えるのが、この『Rising Sun』じゃないかなと思います。

東方神起5人時代にリリースした楽曲であり、しかもリリースしたのは2005年と今から10年以上も前の楽曲にもかかわらず、割と最近トンペンの仲間入りを果たした方でもご存知という方は多いと思いますが、どうでしょうか。

ゆかこが東方神起の『Rising Sun』を韓国の代表曲に選んだ主な理由はこちら↓

  • 韓国語・日本語・中国語の3か国語歌詞がある
  • 東方神起メンバーの個性が生かされているダンスナンバー
  • 東方神起の韓国オリジナルアルバムのタイトルになっている
  • 東方神起のアジアツアーのコンサートタイトルになった
  • 東方神起2人バージョンで再レコーディングされた
  • ほとんど毎回ライブツアーのセトリに入っている

東方神起の所属事務所であるSMエンターテインメントが、東方神起の代表曲として推しているんだろうなとひしひしと伝わってくるのが『Rising Sun』。

まず、『Rising Sun』には韓国語歌詞だけでなく、日本語歌詞もあり、さらには中国語歌詞もあります。
中国進出を目的に結成されたグループのため、デビュー初期の頃は中国語歌詞の楽曲がありましたが、数は多くありません。
数が多くない中に『Rising Sun』が含まれていますね。

そして『Rising Sun』をご覧いただければお分かりかと思いますが、ユノ様のダンス、チャンミン様のハイトーンボイスな叫び、帰国子女のユチョン様の英語ラップに、メインパートを柔らかくて優しい声が魅力的なジェジュン様と歌唱力抜群のジュンス様が担当していて、ものすごくクオリティーの高い楽曲に仕上がっています。

東方神起の楽曲はどれもクオリティーが高いのですが、その中でも『Rising Sun』は別格だと思います。

そして東方神起が韓国でリリースしたオリジナルアルバム第2集のタイトルが『Rising Sun』でもちろんリード曲も『Rising Sun』、東方神起初のコンサートツアーのタイトルや東方神起初のアジアツアーコンサートのタイトルにもなっています。

『Rising Sun』は東方神起5人時代の楽曲ですが、東方神起がユノ様とチャンミン様の2人になってから再レコーディングされた珍しい楽曲でもあります。

東方神起兵役除隊後初の日本のライブツアー2017~Begin Again~のセトリにも入っていましたが、毎回ほとんどのライブツアーで『Rising Sun』がセトリに入っています。

間違いなく東方神起の韓国の代表曲と言えるでしょう。

スポンサーリンク

東方神起が2人でカムバックを果たした『Why?』

東方神起分裂騒動により、メンバー5人のうち過半数以上の3人が抜けるという緊急事態に陥った東方神起。
メンバー追加の案もあったけれど、ユノ様とチャンミン様の2人で東方神起を守ると決意し、5人から2人に減ったというプレッシャーの中、カムバックするときに引っ提げてきたのがこの『Why?Keep Your Head Down』でした。

カムバック当時は韓国の音楽番組で多く取り上げられたし、日本でも取り上げられました。
東方神起の韓国のオリジナルアルバム第5集のタイトルにもなっているし、リード曲にもなっていますよね。

『Why?Keep Your Head Down』も『Rising Sun』と同様、ほとんどの東方神起ライブツアーのセトリに入っている楽曲であり、やはり東方神起の韓国の代表曲と言えると思います。

ゆかこにとっても、ゆかこが東方神起にドハマリするきっかけとなった思い入れのある楽曲です。

ダンスの難易度が半端ない東方神起の『呪文-MIROTIC-』

めちゃくちゃダンスが複雑で「東方神起だからできた楽曲」とも言われているとかいないとか。
2007年、東方神起は韓国出身のアーティストにもかかわらず、母国韓国での活動よりも日本での活動を優先していました。

そのため、2004年には第1集アルバム『TRI-ANGLE』、2005年には第2集アルバム『Rising Sun』、2006年には第3集アルバム『”O”-正反合-』を毎年韓国で有路なるアルバムをリリースしてきたのに、2007年は韓国でのオリジナルアルバムのリリースはありませんでした。

1年間の空白を開けて2008年にリリースしたのが、『呪文-MIROTIC-』をリード曲にした第4集アルバム『MIROTIC』です。

『呪文-MIROTIC-』は、東方神起が韓国でカムバックをするために引っ提げてきた楽曲であり、これまでの東方神起のイメージや魅力とは違った、新たな魅力を見る事ができるダンスナンバーです。

歌詞もこれまでと違ったイメージを打ち出そうとしたのか、韓国政府には有害指定を受けるなどしたいろいろと話題を振りまいた楽曲でもあります。
詳しくはこちらの記事をどうぞ↓

東方神起5人時代にリリースされた楽曲ではありますが、東方神起がユノ様とチャンミン様のお二人となって以降もライブツアーのセトリに入っているダンスナンバーです。

セクシーな東方神起の魅力を見られる韓国の代表曲と言えるのではないでしょうか。

東方神起の韓国の代表曲を探す方法

東方神起の韓国の代表曲が知りたいなと思った場合、次の4つが参考になるんじゃないかなと思います。

  • 韓国のオリジナルアルバムのタイトル名に起用されている
  • アジアツアー名に起用されている
  • ワールドツアー名に起用されている
  • 日本語歌詞でもリリースされている

この4つのうち、いずれかでも満たしていれば、SMエンターテインメントが東方神起の代表曲として推しているという表れなんじゃないかなとゆかこは思うのです。

例えば、こちらの楽曲↓

東方神起5人時代にリリースされたダンスナンバーの『”O”-正反合-』ですが、東方神起が韓国でリリースしたオリジナルアルバム第3集のタイトル名に起用されているし、東方神起の2ndアジアツアーのタイトル名にも起用されています。

また、日本語歌詞でもリリースされていてMVもあるし、ユノ様とチャンミン様のお二人となってからも日本のライブツアーのセトリに入っていることもありますね。

日本語歌詞でリリースされている『CATCH ME』も、元々は韓国で先にリリースされた楽曲↓

東方神起が韓国でリリースしたオリジナルアルバム第6集のタイトル名に起用されているし、東方神起ワールドツアー名にも起用されました。

とはいえ、東方神起の韓国の第1集オリジナルアルバムのタイトル名に起用された『TRI-ANGLE』は東方神起の韓国の代表曲とは言えないかと…。
これ↓

ダンスナンバーではあるんですけど、凄く奇抜な衣装とメイクのメンバー達…。
何故これをオリジナルアルバムのタイトル名としたのか不思議でならないです。

デビュー曲のHUGでいいじゃんと思うんですけど。

東方神起の韓国の代表曲まとめ

東方神起の韓国の代表曲や代表曲を見つけるポイントなど、ゆかこなりの見解ではありますが、ご紹介してみました。
参考になりましたら幸いです♪

「え~?全部聴いたことある楽曲だったわ~チッ(・д・)」とがっかりのあなた。

聴いたことある楽曲だからこそ!代表曲と言えるのですヨ!!
( ✧Д✧) カッ!!
↑強引にまとめるゆかこ

そいえばいつの間にか、東方神起の韓国のオリジナルアルバム第8集のリリース日が決定したようで、2018年3月28日の予定なんだとか。
SMエンターテインメントの公式youtubeチャンネルに関連動画いくつか公開されていますね。

3日後にリリースされる予定なんですけど、まだまだ詳細が明かされず謎です。
どんなアルバムに仕上がったのか楽しみ♪
ワクワク(*´∀`*)

こちらの記事もチェックしてみてね。
>>【動画あり】東方神起の日本と韓国の全ライブDVDのセトリをご紹介
>>東方神起韓国アルバム7集『TENSE』赤と黒の違いは?
>>東方神起『ライジングサン』日本語と韓国語で歌詞が違う?
>>中国進出するハズだった東方神起はなぜ日本活動メインになった?
>>東方神起『O-正反合-』の歌詞”正反合”の意味って何?
>>東方神起のおすすめ韓国語バラード曲をご紹介!
>>東方神起やSHINeeなどのダンスの振付を担当した仲宗根梨乃とは?
>>東方神起ペーパートイが可愛すぎ!衣装の動画もご紹介
>>東方神起プレスツアーが開催された東京の場所に驚愕!
>>東方神起のバックダンサーズには日本人はいる?韓国人だけ?

URL :
TRACKBACK URL :

코멘트를 남겨주세요【コメントを残す】

*
*
* (公開されません)

Return Top