Read Article

東方神起が音楽を好きになったきっかけは?音楽のルーツに迫る!

東方神起が音楽を好きになったきっかけは?音楽のルーツに迫る!

メンバー全員個性的なのが魅力の一つでもある東方神起メンバー。
そんな彼らが東方神起としてグループを結成したのは、もちろんみんな音楽が好きだから。
では、5人が音楽を好きになったきっかけってどうだったんでしょう?
東方神起のルーツともいえる5人が音楽に興味を持ったきっかけについて語っているエピソードをご紹介しますね。

スポンサーリンク

― 最初に音楽に興味を持ったきっかけは?

ユチョン様:
「僕は子供のころから音楽に接する機会が多かったんですけど、それはお父さんの兄弟だったり、音楽好きな人が周りに何人もいて、なんとなくいろんなジャンルの曲を聴くようになって、自然に好きになりました。」

チャンミン様:
「3年ぐらい前、家でBoyz II Menの『The Color of love』という曲を初めて聴いて感動して、それから歌を歌いたいって思うようになりました。それが僕のきっかけです。」

ジュンス様:
「僕は、小学生の時はサッカー選手になりたかったんですけど、韓国でH・O・Tというグループを見て、僕もステージで歌とダンスをしたいと思うようになりました。」

ユノ様:
「僕もユチョンのように、子供のころから周りの人たちが歌が好きで、自然に聴くようになりました。
でも、実は歌よりダンスに興味があって、元々はダンスをすごく練習してたんです。
ある日、偶然街で聴いたイム・ジェボンさんというアーティストの歌声に魅かれて、自分もあんな風に歌がうまくなりたいなと思うようになり、歌も練習するようになりました。」

ジェジュン様:
「僕は最初、歌はあんまり上手ではなくて、周りの友達からも指摘されたりして、それが悔しくて、一生懸命練習しました。
15歳の時にオーディションを受けたら見事に落ちて、16歳でもう一度オーディションを受け練習生として入って、練習期間を経て今の東方神起になりました。」

ARENA37℃ 2005年6月号

スポンサーリンク

チャンミン様が音楽に興味を持ったきっかけのBoyz II Menの『The Color of love』がこちら↓

2005年の3年ぐらい前に聴いた…ということは、当時チャンミン様は14歳。

え!?
14歳で、こんな大人っぽい落ち着いた曲を聴いていたの!?

うひゃあ…
なんか、育ちの良さが出てる…。

私が14歳の時なんて、何聴いてたっけ?
アニソンとか?

さてさて、ジュンス様が音楽に興味を持ったきっかけは、ご存知の方も多いかも?
『H・O・T』という1996年~2001年まで活動していた、当時韓国で圧倒的な人気を誇っていた男性5人組アイドルグループ。
ジュンス様を魅了した『H・O・T』はどんなかというと、こちらの動画をどうぞ↓

確かにダンスが上手で、見ていてくぎ付けになります。
でも、東方神起のクオリティに目が慣れてしまっているから、そこまで中毒性にはならないかな。

本気で好きじゃないとうまくならない。歌とダンスが上手なのは、本気で『H・O・T』に憧れていたからなんでしょうね♪

ユノ様は、
「歌よりもダンスが好きなんだろうな。」
っていうのは、おそらく誰が見ても明らかなのではないかと。

だって、私がトンペンになったきっかけがプロフィールにも書いてますけどWhyのPVでユノ様のダンスを見たからですもんwww

そして、驚くべきはジェジュン様!!
歌が得意で大好きなんだとばっかり思ってましたが、最初は歌が上手じゃなかっただなんて。

実は私、5人のメンバーの中ではジュンス様とジェジュン様の歌声が大好きだったりします。
どちらもJYJメンバー(笑)

ちなみに、私がペンクラブに入っているのはBigeastだけ。

何故なんでしょう???
自分でもわからないwww

そして驚くべきは、ジェジュン様が一度オーディションに落ちているということ!!
5人メンバーの時のポジションはセンターという女子の目を引く位置にいたジェジュン様が、まさかの一度オーディション落ち!
まあ、センターにいたのは、SMの戦略でもなんでもなく偶然だったそうなんですけど。

詳しくはこちらの記事をどうぞ↓
<<5人時代の東方神起の立ち位置エピソード

もし、ジェジュン様が一度オーディションに落ちてそこで諦めていたら、東方神起は4人でデビューしていたのかな?
そして、誰がセンターをつとめていたのかな?

一度の失敗でもあきらめない、夢を達成するまで、何度でも挑戦すればいいんだってジェジュン様に勇気をもらった気がしました♪

もっともっとたくさんのトンペンさんに楽しんでもらえるようなブログ目指して頑張る!!
ファイティン!!私♪

URL :
TRACKBACK URL :

코멘트를 남겨주세요【コメントを残す】

*
*
* (公開されません)

Return Top