Read Article

ユノがキスしたネックレス、東方神起ジェジュンと同じなの?

ユノがキスしたネックレス、東方神起ジェジュンと同じなの?

東方神起カムバックステージのバックステージで、ユノがネックレスにキスをして祈りを捧げていました。
しかし、このネックレスが東方神起時代ジェジュンが身に着けていたネックレスと同じデザインではないかという疑惑が浮上し、ユノとジェジュンのユンジェカップルの仲が話題になったことがありました。
てことで、思考と考察、検証開始!

スポンサーリンク

東方神起カムバックステージ、それぞれの想い

2011年1月20日に韓国のM-netで放送された『Mカウントダウン』に出演した東方神起。
メンバーの分裂騒動を受けて活動休止に追い込まれた東方神起が、ユノ様とチャンミン様の2人で再始動することが決まった大事なステージでした。

制作人数112名、制作時間3時間というスタッフ関係者の力の入れようにも、いかに東方神起のカムバックステージに期待していたかがわかります。

ステージ直前の東方神起お二人の様子。
ユノ様とチャンミン様の表情を見ても、緊張がうかがえます。

ステージに向かいながら、不安を口にするチャンミン様を、ユノ様は元気づけます。
チャンミン様:
こんなに寝不足だと明日が大変だな。

ユノ様:
大丈夫心配ないよ。

チャンミン様:
でも、体の調子があまりよくないし…。
どうしよう。

ユノ様:
大丈夫。

外には、東方神起のカムバックを待ちわびているたくさんのカシオペアちゃんたちの姿が。

5人の時の方がよかっただなんて言わせない。
東方神起が2人になってから、クオリティーが落ちただなんて言わせない。

「以前にも増してパワーアップして帰ってきたと思わせるような最高のパフォーマンスを見せなければ!」
というものすごいプレッシャーだったハズ。

特に、この日のチャンミン様は体調が良くないと不安を口にしていたので、兄でありリーダーであるユノ様は、チャンミン様を不安にさせないようにと、物凄く気を張っていたと思います。

スタッフ・ファン・関係者の期待と彼らの期待以上のパフォーマンスを披露しなければというプレッシャー、カムバックステージで今後の東方神起の評価や活動にも影響するであろう重圧、兄としてチャンミン様を引っ張っていかなければという責任感…。

ゆかこには想像もできないほどのストレスが、ユノ様とチャンミン様にはのしかかっていたんだろうなぁと思うと、胸が苦しくなるのです…。

東方神起ユノ、ネックレスにキスでカムバックステージを祈る

たくさんの期待、重圧、プレッシャーといったストレスを抱えた東方神起カムバックステージでのバックステージでのこと。
ユノ様はネックレスにキスをして祈りを捧げていました。

大切なメンバーであり、かわいい弟でもあるチャンミン様が不安を口にしている以上、兄でありリーダーであるユノ様が、不安を口にするわけにはいかない。
東方神起カムバックステージの成功を、そっとネックレスにキスをして、祈ったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

ユノのネックレスがジェジュンと同じ!?

さて、このカムバックステージ裏で、ユノ様がキスをしていたネックレス。

このネックレスがファンの間で話題になったことがあります。
どんな話題かというと、『東方神起時代にジェジュン様が身に着けていたネックレスと同じ!?』です。
証拠画像がこちら↓

画像は『All About 東方神起 Season 2』のDISC4に収録されている『カップルトーク』のワンシーン。

「ユノがジェジュンと同じネックレスにキスした!」
「東方神起とJYJでグループ別れても、ユンジェの仲は継続中!?」
とユンジェペン様の間で話題になったとか。

ユンジェカップルは東方神起のメンバーカップルの中では一番人気度&知名度&支持度の高かった超有名カップル。
東方神起5人メンバー時代は、全員一緒に住んでいたことから、同じ洋服やアクセサリーを身に着けている姿もよく確認されていてました。
実際に先ほどの『All About 東方神起 Season 2』のカップルトーク内でも、メンバー同士で服を交換したりするとジェジュン様が語っていました。

で、特にユンジェカップルは同じピアスをつけている、指輪が同じ、ネックレスが同じ、Tシャツが同じなどなど、ファンからの注目度が高かったです(笑)

ユノがキスしたネックレスはジェジュンと同じなのか

もうこれは、ユノ様とジェジュン様本人たちぞ知る!といった領域なので、ゆかこが勝手に妄想思考&検証してみました。
「ふーん、そんな解釈もあるわけねぇ~…。」と優雅に紅茶でもすすりながら、生暖かい目で流し読みしていただければ、よろしゅう内容でござんす。
てか、すっ飛ばしていただいても、構いませんですです♪

てことで、思考&考察開始!
ユノ様が東方神起カムバックステージのバックステージでキスしていたネックレスが、ジェジュン様が身に着けていたネックレスと同じなのかどうかですが、先ほどの画像をシンプルに見比べてみた限りでは、デザインは似ているんだけど、ネックレス真ん中にある石(?パワーストーン?)の大きさが若干違うような…。
ジェジュン様のネックレスに比べて、ユノ様のネックレスの石の方が、大き目な気がする。

ネックレスの石の色ですが、ジェジュン様は『紫』、ユノ様も画像だと『黒』っぽいのですが、実はジェジュン様と同じ『紫』。
『紫』のパワーストーンは、『アメジスト』で2月の誕生石です。
ユノ様とジェジュン様の誕生日は2月なため、ユノ様がユンジェの誕生石が埋め込まれたネックレスを身に着け、キスをしていることから『東方神起ユノとJYJジェジュンのユンジェカップルの仲』が疑惑があがっていることも一因のよう。
ちなみに、ジェジュン様には誕生日が2つありまして、公式では1月26日とされていますが、ジェジュン様が出生したのは2月4日で、ユノ様より2日早いです。
ジェジュン様には何故誕生日が2つあるかですが、これにはジェジュン様の複雑な家庭環境が関係しているのですが、これについては別記事で詳しくお伝えしているので、そちらをご覧くださいね↓

がしかし、実はチャンミン様も2月生まれ。
なので、もしユノ様が誕生石を意識してネックレスを身に着けていたとしたら、ジェジュン様というよりは、チャンミン様を意識していたんじゃないかな~。
てか、東方神起カムバックという大事なステージで身に着けていたネックレスだから、ゆかこ個人的な想いとしては、そうであって欲しい…。

もし、東方神起ユノ様が「グループは別れちゃったけど、ジェジュン、君のことは忘れたわけじゃない。今日のステージ頑張るよ。」という思いでネックレスを身に着け、キスしていたとしたら…。
おそらく『ユンジェカップル』はガチでしょう。

…てことで、締めてみましたが、だ…ダメですか?
(A ´д`)
だめかぁ~www

東方神起カムバックステージで最高のパフォーマンスを披露!

極度の緊張とプレッシャーの中、挑んだ『Mカウントダウン』での東方神起カムバックステージ。
この時ユノ様とチャンミン様が披露してくれた曲は『MAXIMUM』です。

ユノ様とチャンミン様は圧倒的な歌唱力、ダンスパフォーマンスを魅せてくれ、最高のステージを披露してくれました。
それでは、ご覧ください。
2011年1月20日に韓国のM-netで放送された『Mカウントダウン』東方神起のカムバックステージです↓

ああああああ!!!o(≧∀≦)o
超素敵!!超かっこいい!!!
5人の時に比べて見劣りするだなんて、とんでもない!!!

よりパワーアップして帰ってきてくれましたあー!!!
東方神起を守ってくれたユノ様とチャンミン様に感謝です♡

本番のステージでも、ユノ様はあのネックレスを身に着けています。
こんな大事な場面で身に着けるくらいだから、本当に大切なネックレスなんだろうなあ…。

東方神起時代にジェジュン様が見に着けていたネックレスに非常によく似ているけど、東方神起再始動の場で、ジェジュン様を意識していたとは考えられないな~。
どうなんだろ?

ちなみに、アメジストには『調和・調整・統合』という意味があります。
持ち主の精神状態を安定に導き、苦しみや不安、ストレス等を和らげてくれるんだとか。
まさに、カムバックステージを控えたユノ様にとって、これ以上ぴったりな石はないというほどに、最適なパワーストーンだったというわけですね。
そして、アメジストは、自己との対話や瞑想にも有益で、自分自身の内面的な調和と統合を図ってくれることにもパワーを発揮してくれます。そのため、他者との調和も図り、大切な人たちとのより良い人間関係を築く手助けをしてくれるのです。

東方神起の実力や人柄はもちろんのこと、こうしたネックレスのパワーストーンの力もあって、再始動後の東方神起も多くの人から愛されるグループになっているのかも?^^

こちらの記事もチェックしてみてね。
>>JYJジェジュンの指輪は東方神起ユノとの結婚宣言!?
>>東方神起ユノJYJジェジュン主演トライアングルにコメント
>>東方神起フィルムコンサートで配布されたシリアル番号の謎を解く
>>東方神起『Why?』日本語verの歌詞と意味
>>東方神起着用の衣装のブランドと画像をご紹介!
>>ユノは嘘つき?東方神起分裂騒動とユノの想い
>>東方神起チャンミンとキュヒョンはギュラインの仲良しメンバー
>>MISSHA東方神起契約終了ユノチャンミンの香水入手不可に
>>東方神起ユノとJYJジェジュンはキスする仲?密会している?
>>東方神起のアルバム『TONE』A・B・C収録曲をご紹介!

URL :
TRACKBACK URL :

코멘트를 남겨주세요【コメントを残す】

*
*
* (公開されません)

Return Top