Read Article

豊洲PITで東方神起フィルムコンサートTILLが開催!

豊洲PITで東方神起フィルムコンサートTILLが開催!

東方神起フィルムコンサート2016~TILL~の東京公演の会場となった豊洲PIT。
豊洲PITのアクセスや収容人数について、東方神起初の日本ライブツアー最終日の会場となったZeppTokyoと比較してみました。
また、フィルムコンサート豊洲PIT公演のゲストどりあんず堤さんと東方神起との関係についてもお伝えするよ。

スポンサーリンク

東方神起フィルムコンサートってなぁに?

東方神起フィルムコンサートとは、東方神起メンバーのユノ様とチャンミン様が兵役入隊中に行われた2016年と2017年に行われたコンサート。
東方神起メンバー不在の中どうやってコンサートを行ったかというと、”フィルムコンサート”とあるように、要するに生ライブではなく”スクリーンライブ”です。

コンサート映像は、東方神起がユノ様とチャンミン様の2人メンバーで再始動して以降行われた日本のライブツアー2012『TONE』から2015『WITH』までの4年分のライブツアーから選抜したセトリ、カット割りの再編集、未公開映像などなど組み込まれた特別映像!

2016年に行われたフィルムコンサートTILLでは、リアルにライブ感を感じられるようにということで、ライブハウスやホールで開催されました。
TILL公式サイトで公開されている動画で、どんな雰囲気なのかがよくわかりますよ↓

東方神起の動画好きなあなたにはHULUもおすすめ♪


スクリーン映像なのに、ものすごい演出!ファンの満足度も高い!!
この東方神起フィルムコンサート2016~TILL~は、なんと!7か月間かけて、日本全国47全都道府県で公演されました。
すっげー!!
生ライブだったら、ユノ様、チャンミン様ばたんきゅ~☆だよネ!(笑)
東方神起フィルムコンサート2016~TILL~の怒号の日程について、詳細はこちらの記事でまとめてあるので、公演が多すぎて見るのも大変だと思いますが、「我こそは!」というトンペン様はぜひどうぞ↓

ふっ!まとめるのも大変だったぜ!

さて、そんな東方神起フィルムコンサート2016~TILL~の東京公演の会場は『Zepp Tokyo』ではなく『豊洲PIT』でした。
「豊洲PITとはなんぞや?」というトンペン様もいらっしゃると思うので、今回の記事では『豊洲PIT』情報をお届けしますね。

東方神起フィルムコンサートの会場『豊洲PIT』とは?

『豊洲PIT』は2014年10月17日にオープンしたばかりの新しい大型ライブハウス。
コンサート以外にも、舞台やミュージカル、講演会、シンポジウムなどいろんなイベントで利用されています。

『豊洲PIT』の所在地とアクセス

会場の場所は『豊洲PIT』というだけあって、豊洲にあります。

最寄駅はゆりかもめの”新豊洲”とちと不便。
東京メトロ有楽町線の”豊洲”から徒歩12分程なので、雨など悪天候じゃなければ歩いていく方がおすすめかな。

『豊洲PIT』の収容人数と座席

収容人数はスタンディングだと3103名、着席時だと1328席。
東方神起フィルムコンサート2016~TILL~公演は着席ではなく、オールスタンディングで行われました。

『豊洲PIT』の特徴として、2階席がなく、ライブハウスとしては1階席がめちゃくちゃ広いというところ。
なので、一般ピープルも関係者も同じ1階席にぶち込まれます。
関係者席は、最後方のど真ん中に柵で区切られているだけの簡素(?)なスペース。
なので、ここらあたりを陣取ることができれば、観戦にきた芸能人や有名人がいる可能性大!

チャンミン様の親友であるスーパージュニアのキュヒョンくんとか来なかったかな?
というのも、ゆかこが参加した東方神起ライブツアー2015~WITH~の2/21名古屋公演2日目に、キュヒョンくんが来ていたもんで。
まあ、さすがに東方神起フィルムコンサートの時はこないか…。

スポンサーリンク

『豊洲PIT』と『Zepp Tokyo』を比較してみた

東京の大型ライブハウスというと、『Zepp Tokyo』が浮かぶという方も多いのでは?
特に、東方神起日本デビュー当初からファンの方だと『Zepp Tokyo』が真っ先に思い浮かぶという方も多いと思います。

何故ならば、『Zepp Tokyo』と言えば、東方神起初の日本ライブツアーコンサート『東方神起 1st LIVE TOUR 2006 ~Heart, Mind and Soul~』のツアー最終日の会場が『Zepp Tokyo』!

Zepp Tokyoで日本デビュー曲『Stay With Me Tonight』を歌う東方神起メンバー。

当時ユノ様は20歳!Σ(゚Д゚)ヒョエー!!
チャンミン様は18歳!!w|;゚ロ゚|w ヌォオオオ!!
な…なんてかわいいんだ…♡
(*´Д`)ハァハァ

そして、現在の東方神起ライブツアーでもほぼ毎回セトリに入っている『Somebody To Love』も1st ライブツアーの時から歌われています。

あああああああ!!!
東方神起の生ライブが恋しくなってキタ――(゚∀゚)――!!

現在は東京ドームとはじめとした日本5大ドームや日産スタジアムでコンサートを行うほどの絶大な人気を誇っている東方神起ですが、最初のライブツアーはライブハウスからだったんですよね。

さて、ご覧いただいた動画の会場が『Zepp Tokyo』なのですが、『豊洲PIT』と比べてどちらが広いと思いますか?
実は『豊洲PIT』の方が広いのです。

『Zepp Tokyo』の収容人数は、スタンディング時2709人。
これは、1階席と2階席も含んだ収容人数です。
あ、『豊洲PIT』には2階席がないんですけど、『Zepp Tokyo』には2階席があります。

でも、収容人数は『豊洲PIT』の方が400人近くも多いですね。

『Zepp Tokyo』の最寄り路線もゆりかもめなので、アクセスの悪さは『豊洲PIT』とどっこいどっこい…というより、『豊洲PIT』より悪い。
『Zepp Tokyo』の最寄り駅はゆりかもめ”青海駅”徒歩3分、次の最寄り駅はりんかい線”東京テレポート駅”なんですよね~。
ゆかこ、むか~しむかし、最寄駅が東京テレポート駅という職場に勤めてたことがあったんですけど、ホント周り何もない。
てか、とにかくアクセスが不便。

「東方神起に逢える!!」とかいう素敵目的ならアクセスの悪さも苦にならないし、イベントは1回ぽっきりだから『Zepp Tokyo』でもいいんですけど、毎日の通勤はホント大変だった…。
も…辞めたけど。
(´ー`)…

フィルムコンサート2016~TILL~豊洲PITにゲスト登場

東方神起フィルムコンサート2016~TILL~の5月20日豊洲PIT公演の1回目にサプライズゲストが登場しました。
登場したゲストは”どりあんず”という吉本興業に所属するお笑いコンビの堤太輝さん。
ゲスト登場した日の事を、ご自身のツイッターにも投稿されてました。

東方神起と堤さんとの関係について、「???」というトンペン様もいらっしゃるかも?
東方神起の公式ファンクラブ『ビギスト』に入会すると、ビギストのサイトにログインできるんですけど、その中に”THE GOLD MISSION”というコンテンツがあります。
“THE GOLD MISSION”とは、ユノ様とチャンミン様がさまざまなミッションにチャレンジしているんですけど、MCがいて、そのMCを担当しているのがどりあんずの堤さんなのです。

とゆーわけで、堤さんのツイートには”THE GOLD MISSION”に関するつぶやきも多々投稿されておりまする。

堤さん、東方神起フィルムコンサート2017~TILL2~にも駆けつけてます。

TBが白っぽいのが気になるwww
白く飛ばして加工しすぎ?(*´艸`*)

『豊洲PIT』は今後注目のイベント会場

東方神起フィルムコンサート2016~TILL~の東京会場となった『豊洲PIT』についての情報や『Zepp Tokyo』との比較についてお伝えしました。
『豊洲PIT』は比較的新しいライブハウスで、収容人数も『Zepp Tokyo』より多く、アクセスも『Zepp Tokyo』よりはマシということで、これから注目の会場です。
東方神起のフィルムコンサートは行われましたけど、さすがに東方神起本人たちによる生ライブが行われることはないかな~とも思うのですが、演劇やミュージカルといったライブ以外のイベントでも利用されているので、今後東方神起の限定イベントが『豊洲PIT』で行われる可能性は大いにあり!

『豊洲PIT』について、アクセスが悪いとさんざんディスってきましたが、海に近い素敵な場所にある会場です。
近くにはららぽーと豊洲や豊洲公園もあるので、ショッピングがてら豊洲に来てみたという方は、『豊洲PIT』まで足を運んでみるのもいいかもです☆

こちらの記事もチェックしてみてね。
>>東方神起フィルムコンサートで配布されたシリアル番号の謎を解く
>>東方神起5人復活の可能性は?
>>東方神起『PROUD』歌詞と感動エピソード
>>ライブ応援必須グッズ!東方神起公式ペンライトの値段は?
>>東方神起公式『Bigeast(ビギスト)限定グッズ』をご紹介!
>>東方神起の韓国と日本でのデビュー日と曲、メンバーの年齢
>>東方神起のロゴステッカーの画像やデザイナーをご紹介!
>>【東方神起】幕張メッセイベントホールの座席表を画像で見る
>>東方神起ビギスト限定カレンダー&ダイアリー手帳を画像で紹介
>>東方神起フィルムコンサート2017グッズ&展示衣装情報

URL :
TRACKBACK URL :

코멘트를 남겨주세요【コメントを残す】

*
*
* (公開されません)

Return Top